/

音声SNS「クラブハウス」日本版が21年中にリリースへ

日経クロステック

音声SNS(交流サイト)「Clubhouse(クラブハウス)」運営企業は9月30日、日本で初めてとなる記者会見を開催。2021年中にアプリ内の表示やカスタマーサービスなど全面的に日本語に対応した日本版のリリースについて正式発表すると明らかにした。10月から11月にかけてアプリの試験を行う。同年内に日本語以外にも複数の言語に対応する計画だ。

日本のクリエーターがクラブハウス上でコンテンツを収益化できるプログラムも導入する計画だ。「複数のツールを検討中」(同社)とし、ユーザーの登録制、オーディオルームに入る際の課金制、ユーザーが任意で課金する「投げ銭」などが候補だという。

同社によると、21年8月末時点において世界中で毎日約70万のオーディオルームが開かれている。また、ユーザーの1日あたりの平均利用時間が世界では70分なのに対し、日本では113分と平均より長い傾向にあるという。

ポール・デイビソン最高経営責任者(CEO)兼共同創業者は「今後さらに機能の追加、音声品質の向上などにより、日本でのコミュニティーを大きくしていきたい」と意気込みを語った。

(日経クロステック/日経コンピュータ 西原愛)

[日経クロステック 2021年9月30日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン