/

この記事は会員限定です

中央電力、小規模太陽光の新規開発に本格参入

[有料会員限定]

マンション向けの電力販売を手掛ける中央電力(東京・港)は小規模太陽光発電所の新規開発事業に本格参入する。建設した太陽光発電施設を顧客企業に対し無料で貸し出し、発電する電力を販売することで投資回収するサービスを始める。第1号案件として2023年3月末までに100カ所の太陽光発電所を関東圏を中心に建設し、中央電力の顧客である数十~数百棟のマンションに供給する。

三菱HCキャピタルと共同で設立した合同...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り415文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン