/

メルカリ、「量子インターネット」産学連携の団体設立

日経クロステック

メルカリは5月31日、量子データを送受信する通信基盤である「量子インターネット」の研究開発を進める産学連携コンソーシアムを設立したと発表した。メルカリのほか8大学と2組織が参加した。

設立した「量子インターネットタスクフォース(QITF)」は、量子データの送受信を目的とした汎用通信基盤である量子インターネットのアーキテクチャーや通信プロトコルなどの研究を進める。メンバーは約30人。東京大学や大阪大学、慶応義塾大学など8大学のほか、国立情報学研究所と情報通信研究機構、メルカリの研究開発組織「mercari R4D」から参加する。

アドバイザリーボードは慶応大の村井純教授らが務める。事務局は慶応大湘南藤沢キャンパスに設置し、同大環境情報学部のロドニー・バンミーター教授が統括する。

(日経クロステック/日経コンピュータ 長倉克枝)

[日経クロステック 2021年5月31日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン