/

この記事は会員限定です

筑波大学、植物の基礎研究 AIやゲノム編集で実用化

UPDATE知の現場 つくば機能植物イノベーション研究センター

[有料会員限定]

筑波大学のつくば機能植物イノベーション研究センターは人工知能やゲノム編集技術を活用し、植物の品種改良や新たな利用方法の研究を進めている。開発した技術を実用化するため、大学発ベンチャーを立ち上げるなど産学連携にも積極的に取り組む。

筑波大学(茨城県つくば市)のキャンパスの一角にはビニールハウスやガラス温室が十数棟並ぶ。ハウスには水耕栽培で育つトマトが等間隔で植えられている。緑色の実、熟したオレンジ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1096文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン