/

この記事は会員限定です

事業承継にAI ビジョナル系など、小規模案件に対応

[有料会員限定]

中小企業の事業承継に人工知能(AI)を活用する動きが広がり始めた。人材サービスのビジョナルは企業買収のマッチング度を判定。スタートアップのVANDDD(バンド、東京・港)は買収金額の基準額を自動算定するシステムを開発する。業務の効率化や買収価格の適正化につなげ、人手不足で見逃されていた小規模案件にも対応できるようにする。

子会社のビジョナル・インキュベーション(東京・渋谷)は事業承継支援サイト「ビ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り954文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン