/

この記事は会員限定です

米個人「株に弱気」5割超 5月調査、13年ぶり

[有料会員限定]

米国の個人投資家の間で株式相場の先行きに対する「弱気」姿勢が強まっている。米個人投資家協会(AAII)の調査によると、6カ月後の相場見通しが「弱気」と答えた投資家が53.5%と4週間ぶりの水準となった。5月の月間平均は「弱気」が51.4%に達し、2009年3月以来13年ぶりに5割を超えた。「弱気派」の多さを相場反転の兆しととらえる向きもある。

AAIIによると、26日時点で6カ月後の見通しを「強...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り347文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン