/

この記事は会員限定です

長期金利コントロールの慢心 近づく出口、新体制に試練

検証・異次元緩和10年④

[有料会員限定]

日銀は2016年9月に長短金利を操作する「イールドカーブ・コントロール(YCC)」に踏み込んだ。長期金利をゼロ%程度に抑え込む異例の政策は、金利水準だけ見れば成功しているが、財政規律の緩みや市場機能の低下といった副作用も大きい。次期総裁の植田和男氏は出口に向けた青写真を示せるかどうかが試練となる。

「国債購入に限界はない」。日銀がYCCを撤廃するとの観測から金利上昇圧力が強まった23年1月、ある...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1126文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません