/

この記事は会員限定です

円安の行方、専門家に聞く 「夏に1ドル=135円」の声も

[有料会員限定]

外国為替市場で円安が止まらない。日米の金融政策の違いや資源高によるエネルギーコストの上昇など、円安につながる材料は目立つ。専門家は円安の行方をどう分析しているのか。三井住友銀行の宇野大介チーフストラテジストと三菱UFJ銀行の井野鉄兵チーフアナリスト、みずほ証券の上野泰也チーフマーケットエコノミストに話を聞いた。

三井住友銀の宇野氏 「日米金利差が拡大、円安が加速」

――円安要因となる米連邦準備理...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2390文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン