/

この記事は会員限定です

日本株、対米株で底堅く 「ND倍率」11カ月ぶり水準 円安や経済再開で

[有料会員限定]

米国株に比べた日本株の底堅さが目立っている。日経平均株価を前日のダウ工業株30種平均で割った「ND倍率」は31日に0.88倍と、2021年9月以来およそ11カ月ぶりの高水準となった。米国で大型ハイテク株などが調整するなか、日本では円安や経済再開などで企業業績が上向くとの見方が株価を下支えしている。

日本時間26日夜のパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長講演をはさんだ3営業日で株価を比較すると、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り457文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン