/

この記事は会員限定です

認知症に備える保険 賠償責任、補償対象広がる

人生100年の羅針盤 認知症と生きる

[有料会員限定]

認知症になったとき、備えておきたいことが主に2つある。一つは認知症になった本人の介護などの費用への対応。もう一つは、認知症になった人が徘徊(はいかい)などの際に事故を起こしてしまったときの賠償費用だ。生命保険と損害保険でそれぞれ事前に備えておくことができる。最近、こうしたリスクに備える保険が相次いで販売されている。

一時金または年金で保険金受け取り

認知症になると、見守りなどで公的介護保険制度...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1418文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン