/

この記事は会員限定です

「日本版SPAC」検討進むか 識者に聞く

[有料会員限定]

政府は米国で広がった特別買収目的会社「SPAC」の解禁を検討する。有望な未公開企業が短期間で上場する仕組みで、スタートアップの資金調達を後押しするとともに伝統的な企業の事業再編でも活用する狙いだ。先行する米国では裏口上場リスクや投資家保護の懸念が指摘されている。「日本版SPAC」の課題や論点を有識者に聞いた。

「活用は世界的な流れに、国際戦略とも合致」

▼菅野泰夫氏(大和総研シニアエコノミスト=ロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り938文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン