/

エンディングノートで財産整理 スマホで使えるアプリも

最新終活マニュアル(3)

財産を見える化する際に、上手に活用したいのが「エンディングノート」。最近はデジタルエンディングノートも増えており、スマホやパソコンを使う親なら利用価値が高そうだ。

財産の見える化で有効活用したいのが、エンディングノートだ。文字通り、「人生の終末(エンディング)」について記す「メモ(ノート)」のことで、終末期医療についての希望や、葬儀、納骨、墓、家族に伝えておきたい財産内容、感謝のメッセージなどを記録しておく媒体を意味する。

エンディングノートの中に預貯金や有価証券、保険、不動産、ローン、さらにデジタル資産のことなどが逐一記載されていれば、万一の時にもこれ1冊あれば、家族は慌てず粛々と相続の手続きを進めることができる。

大型書店に行けばエンディングノートのコーナーが設けられ、市販品がずらりと並んでいる。金融機関や葬儀会社などが独自のエンディングノートを用意して顧客に配布していることもある。エンディングノートは遺言書のように法的効力を持つものではなく書式も自由なので、自分でオリジナルのエンディングノートをつくってもいいだろう。

スマホを使う親ならデジタル版がお薦め

近年は、アプリやオンラインのエンディングノートが増えている。日常的にスマートフォンやパソコンを使いこなす親なら、こうした「デジタルエンディングノート」という選択肢もある。

デジタルエンディングノートの大きなメリットは入力がしやすいことだ。書き損ねても簡単に修正できるし、SNS(交流サイト)に投稿している親なら、そこに記載した文章をコピー・アンド・ペーストしてもいい。また、エンディングノートによっては音声での入力も可能だ。

エンディングノートは一度書いたら終わりではなく、断捨離の進み具合に応じて定期的に更新していく必要がある。そうした観点からは、紙のエンディングノートよりデジタル版の方が使い勝手が良さそうだ。

さらに、写真や動画の保管が可能で、中には家族への動画メッセージを遺せるものもある。また、エンディングノートによってはデジタル資産の管理もできる。

紙のエンディングノートは保管場所をしっかり決めておかないと、紛失してしまうリスクがある。災害が多い昨今、火事や台風などで失われてしまうこともないとは言い切れない。デジタルエンディングノートなら、スマホやパソコンが壊れても記録は残る。

デジタルエンディングノートには無料のものが多く、有料でも月額数百円と手ごろな料金で利用できる。特に最近はデジタルエンディングノートのサービスを始める大手企業が増えており、下にそのうち3社のエンディングノートを紹介した。こうしたエンディングノートなら、データ管理の安全性、サービスの持続性といった面でも安心して利用できそうだ。

MUFG相続研究所所長の小谷亨一さんは、「エンディングノートには、親の認知機能が低下した時にどう対応するかも書いておいてもらうといい」とアドバイスする。

親が興味を示したらすぐ使えるようにサポート

財産の他にも、庭の手入れをどの業者に頼んでいるか、アパートを経営している人なら管理をどの不動産業者に任せているか、賃貸借契約書や鍵をどこに保管しているかといった本人しか知らないような情報が書いてあれば、いざという時も家族は管理に困らない。

また、自分の食べ物の好き嫌い、認知機能が低下した時にどんな介護を望むか(在宅か施設か)といったことも、エンディングノートを通して家族に伝えられる。

厚生労働省の予測によると、2025年には65歳以上の高齢者の約5人に1人が認知症を発症するという。エンディングノートは、そうした時の"転ばぬ先のつえ"にもなるはずだ。

親が興味を示していたら、お盆休みのうちにアプリのダウンロードやオンラインの登録手続きを手伝い、すぐ使えるようにしておいてあげるといいだろう。

取材協力
小谷亨一さん
三菱UFJ信託銀行MUFG相続研究所所長。2012年にリテール受託業務部部長となり、遺言の企画・審査・執行業務などに従事。20年2月のMUFG相続研究所設立時に所長に就任。現在は、相続・不動産のエキスパートとしてセミナー講師を務める傍ら、メディアでも活躍している。

(ライター 森田聡子)

[日経マネー2022年9月号の記事を再構成]

日経マネー 2022年9月号 下落相場でお買い得度が倍増! お値打ち上昇株で勝つ
著者 : 日経マネー
出版 : 日経BP(2022/7/21)
価格 : 750円(税込み)
この書籍を購入する(ヘルプ): Amazon.co.jp 楽天ブックス

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

資産形成に役立つ情報を届ける月刊誌『日経マネー』との連動企画。株式投資をはじめとした資産運用、マネープランの立て方、新しい金融サービスやお得情報まで、今すぐ役立つ旬のマネー情報を掲載します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン