/

この記事は会員限定です

オリックス、M&A仲介に参入 承継支援で専門業者に対抗

[有料会員限定]

中小企業の事業承継ビジネスが急拡大している。オリックスは11月から中小企業のM&A(合併・買収)仲介に参入する。承継ニーズの拡大で日本M&Aセンターホールディングス(HD)など専業大手は2ケタの利益成長が続く。国の試算では2025年までの5年間に約60万社が後継者難で「黒字廃業」になる恐れがある。円滑な事業承継は日本経済の競争力や雇用維持に欠かせないが、適切な仲介手数料など課題も

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り966文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン