/

この記事は会員限定です

ドル安の裏で極まるカネ余り 米政策の副作用

[有料会員限定]

米ドルの下落基調が続いている。ドルの実力を示す実効レートは年初来安値圏まで低下した。背景にあるのが財政出動や金融緩和が生んだドル余りだ。過去1年間の流通量の伸びは3割増と、日欧の1割増と比べても大きい。行き場を失ったドルが米連邦準備理事会(FRB)に「還流」するという現象まで起きている。

「もはや銀行は過剰流動性を抱えきれない。6000億~7000億ドル(約65兆~76兆円)まで膨らむ可能性がある...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1273文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン