/

この記事は会員限定です

「通貨の番人」円安で最高益のからくり

[有料会員限定]

急速な円安が日銀の決算に恩恵をもたらしている。11月28日に発表した4~9月期決算で、最終利益にあたる剰余金が1兆5924億円と過去最高になった。「通貨の番人」である日銀は、自ら発行する円の価値が下がると利益が拡大する構造になっている。背景には歴史的な経緯で膨張してきた10兆円近い外貨資産の存在がある。

そもそも日銀はどのように利益をあげているのか。中央銀行は利子が付かない銀行券の発行と引き換え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1267文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません