/

この記事は会員限定です

「国策株」に群がる個人 旬短く、にじむ手詰まり感

[有料会員限定]

「国策銘柄」に個人投資家の物色が広がっている。原子力発電や金融教育、人的資本の拡充などを手掛かりにした銘柄が軒並み上昇し、相場格言「国策に売りなし」を地で行く展開だ。ただ、テーマ株の旬は総じて短い。欧米の金融引き締めや景気悪化が見通せないなか、国策銘柄への注目の高まりは個人の手詰まり感を映してもいる。

31日の東京株式市場で日経平均株価は反落し、前日比104円(0.4%)安の2万8091円で取引...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1047文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

スクランブル

株式市場の日々の動きと要因、見通しなどを緻密な取材を元にわかりやすく分析、解説します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません