/

この記事は会員限定です

アルミ高騰、経済回復で需給にズレ ロシア関税も重荷

[有料会員限定]

アルミニウム市場に異変が起きている。主要な消費地である米国や欧州の買い手がロンドン金属取引所(LME)の価格に上乗せして、大幅な割増金(プレミアム)を支払って輸入せざるを得なくなっている。きっかけの一つが需要急増で深刻化した供給制約だ。一大供給国のロシアの輸出関税導入も拍車をかけている。

アルミ市場では、現物の買い手は国際指標であるLME価格に、輸送費や現地の需給環境などを加味して決まる割増金を支...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1317文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン