/

この記事は会員限定です

オミクロン型、インフレ促進か抑制か 市場で割れる見方

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルスの新たな変異型「オミクロン型」の出現が、インフレの促進と抑制のどちらに働くのか金融市場の見方が割れている。サプライチェーン(供給網)が混乱すれば供給制約が生じ物品やエネルギーの価格に上昇圧力となるが、消費の減少は価格の押し下げ要因となる。金融政策の方向性を左右するだけに市場参加者は気をもんでいる。

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は29日、30日の米上院の議会証言の冒頭発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1314文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン