/

この記事は会員限定です

EU復興債で変わるマネーの流れ ユーロ・南欧債に資金

[有料会員限定]

欧州連合(EU)が新型コロナウイルス禍からの経済回復を支えるために発行した「復興債」に投資資金が流入している。海外からの需要がユーロ高要因となるほか、復興債で支えられる南欧諸国の国債利回り低下(価格は上昇)につながる可能性がある。復興債が財政面での統合が進むきっかけになるとの長期的な期待も聞かれる。

「年間発行額が欧州の主要4カ国の国債に次ぐ規模の債券が新たに生まれる。市場にとって珍しい機会だ」(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1550文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン