/

この記事は会員限定です

米緩和の象徴「ドルキャリー」が逆流 新興国通貨に売り

[有料会員限定]

米金利上昇に伴うドル高が外国為替市場を揺さぶり始めた。高値が続く米国株の下落への警戒も重なり、リスクを避ける動きが新興国通貨売りに波及している。金融緩和マネーに支えられ、タダ同然で借りたドルを元手に世界各地のリスク資産を買う「ドルキャリー取引」の巻き戻しの兆しもみえる。対ドルでの下落が目立つのは総じてインフレ懸念や景気不安を抱える国の通貨が多い。大規模な資金流出に発展する懸念は消えない。

29日の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1994文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン