/

この記事は会員限定です

地政学が変える投資地図、世界のリスク総点検

2.24の先に待つ世界(上)

[有料会員限定]

「地政学が『運転席』にいる」。ロシアが2月24日にウクライナ侵攻を開始した直後、英バークレイズの新興国クレジット戦略統括責任者、アンドレアス・コルビー氏は動揺する市場をこう表現した。

地政学リスクという言葉がかつてないほど市場で飛び交っている。国家間の政治的な勢力争いと地理的条件から特定の地域の緊張が高まる危険性を指す。典型的な例がウクライナだ。

大陸国家のロシアにとって、ウクライナは黒海に続く...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1748文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン