/

オイシックス、一時10%高 シダックスへの出資に期待

話題の株

30日の東京株式市場でオイシックス・ラ・大地株が一時前日比153円(10%)高の1759円まで上昇し、およそ3週間ぶりの高値をつけた。前日の取引終了後に投資ファンドからシダックスの優先株80億円を取得し、法人向け事業で業務提携を検討すると発表した。協業による業績拡大への期待から買いが入った。

終値は47円(3%)高の1653円と、日経平均が2%安となる中で逆行高だった。売買代金は前日の3倍以上に膨らんだ。

オイシックスは、ミールキットの宅配など消費者向け事業が主力だ。強みをもつ質の高い食材の供給と、シダックスの給食事業との相乗効果を狙う。シダックスは「他の事業者との協業も検討する」(広報)としており、オイシックスは株式を取得する8~9月ごろにも協業のあり方を本格的に決めるという。

オイシックスの株価は2021年末から4割超、低い水準にある。野菜価格の高騰などで23年3月期の純利益は前期比8%減にとどまる見通し。auカブコム証券の河合達憲氏は「割安感からも買いが入っている」とした上で、「(シダックスが具体的な方針を示していないため)オイシックスが想定するような協業が不調に終わるリスクもある」と指摘する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン