/

この記事は会員限定です

損保ジャパン、システム刷新 34年ぶり 商品開発を短縮

(更新) [有料会員限定]

損害保険ジャパンは、保険商品の開発や契約手続きなどを担う新たな基幹システムを稼働させた。ネット系など外部企業とのシステム連携を円滑にし、商品設計や販売面でデジタル技術を活用した保険を増やす方針だ。基幹システムの刷新は旧安田火災海上保険の時代以来で34年ぶり。

投資額は非開示だが、最終的な総額は2000億円規模とみられる。日立製作所と日本IBMに主な開発を委託した。電子商取引(EC)など外部のサービス向けに、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り478文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン