/

この記事は会員限定です

アップル関連株が下落 半導体不足で販売減懸念

[有料会員限定]

30日の東京株式市場でアップル関連株の下落が目立った。前日に米アップルが半導体不足の影響でタブレット携帯やパソコンの販売が圧迫され、2021年4~6月期は減収になる可能性を示唆。関連部品を手がけるサプライヤーにも影響が波及するとの思惑が広がった。

この日はアップル向けに高機能のカメラ関連部品を供給するソニーグループが前日比8%安、コンデンサーを手がける村田製作所が4%安、同業の太陽誘電が3%安となった。電池を供給するTDKも2%安とな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り262文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン