/

パイオラックス、ストップ高 前期比2.8倍の増配好感

話題の株

(更新)

30日の東京株式市場でパイオラックス株が急伸し、制限値幅の上限(ストップ高水準)である前営業日比300円(22%)高の1680円をつけた。同日午後に2023年3月期の年間配当予想を前期比2.8倍に引き上げると発表し、個人投資家などからの買い注文が殺到した。

パイオラックスは工業用ファスナーを主力とする自動車部品メーカーで、日産自動車マツダなどを主な取引先とする。30日午後、資本効率の上昇を目的に配当方針を変更し25年3月期までの3年は連結配当性向100%を目標に配当を実施すると明らかにした。従来は30%以上を目安としていた。

方針変更に伴い、今期の1株あたり年間配当予想を前期比2.8倍(82円増)の127円に引き上げた。従来予想では同5円増の50円としていただけに、市場では「派手なサプライズ」(auカブコム証券の山田勉氏)との受け止めが広がった。発表直後から買い注文が集中し、大引けまで売買が成立しなかった。

この日の急騰で25日移動平均からの上方乖離(かいり)率は16%に達し、過熱感も意識される。「配当利回りやPBR(株価純資産倍率)の割安感を考えればまだ魅力がある」(国内証券)と、さらなる上値追いを予想する声もあった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン