/

この記事は会員限定です

コンコルディア46%減益に下方修正 ユニゾで損失50億円

[有料会員限定]

横浜銀行と東日本銀行を傘下に持つコンコルディア・フィナンシャルグループは30日、2021年3月期の連結純利益が前の期比46%減の253億円になったようだと発表した。14%減の400億円としていた従来予想から147億円下振れする。不動産会社ユニゾホールディングス向けの貸出債権では約50億円の損失処理を予防的に踏み切ることにした。

株価下落を見込んで購入した投資信託も、足元の堅調な株式市場で含...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り173文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン