/

この記事は会員限定です

日本株、波乱の先 市場のプロに聞く再浮上の条件

(更新) [有料会員限定]

4日に発足した岸田文雄政権は「ご祝儀相場」とは無縁の船出となった。9月14日に31年ぶりの高値をつけ、さらなる頂を目指すかに見えた日経平均株価は、27日から10月6日まで8営業日連続で下落。年初来安値(2万7013円)に接近した。

中国の不動産大手、恒大集団の債務問題や米連邦準備理事会(FRB)による量的緩和の縮小、米政府の債務上限問題といった海外要因が市場を揺らし、先行きの不透明感から投資家はリ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1449文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン