/

この記事は会員限定です

金融界にパーパス経営、多様化で推進力再考 「脱金融」も

[有料会員限定]

金融機関に「パーパス経営」が広がっている。ESG(環境・社会・企業統治)の強化、顧客ニーズや従業員の多様化など社会が急速に変化するなか、ぶれずに貫く自社の存在意義を見つめ直すためだ。一部には金融機関でありながら「脱金融」に舵(かじ)を切る動きも出てきた。パーパスの実現と収益の両立が求められる。

MS&ADインシュアランスグループHDは2022年1月にパーパスを公表する方針を固めた。「グローバルな保険・金融サ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1874文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン