/

この記事は会員限定です

「逆イールド」なぜ注目 米金利の長短逆転、景気に警鐘

[有料会員限定]

29日の米債券市場で、期間2年の国債利回りが同10年の国債利回りを一時上回る長短金利の逆転現象が起きた。「逆イールド(利回り)」と呼ばれ、市場では近い未来の景気後退を示唆するサインとして注目されている。今回の逆イールドはなぜ起きたのか。果たして景気後退は近いのか。米連邦準備理事会(FRB)の金融政策への影響を含め、ポイントを読み解く。

・「短期」と「長期」の逆転、なぜ起きた?
・景気後退のサインとされる理由は?
・FRBの金融政策には影響するのか?...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1673文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ニュースの意味や背景を理解するためのポイントをいちからわかりやすく解説し、その後の展開を見通します。欧米メディアでは「エクスプレイナー」と呼ばれる解説コンテンツです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン