/

この記事は会員限定です

新生銀行川島社長、公的資金返済に「ウルトラCない」 

[有料会員限定]

新生銀行の川島克哉社長は日本経済新聞のインタビューで、約3500億円に上る公的資金について「ウルトラCが出てきて急に返せるようにはならない」との見解を示した。親会社のSBIホールディングスと連携し、「まずは顧客基盤や収益基盤を築くことに集中する」。ベンチャー企業向け融資や消費者金融などを深掘りし、特定の分野でメガバンクをしのぐ銀行グループに飛躍させる考えを明らかにした。

新生銀は昨年12月に成立...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1076文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン