/

この記事は会員限定です

労務管理の米Deel、日本進出 国境越えた採用容易に 

[有料会員限定]

企業の国際展開を支援する労務管理サービスの米Deel(ディール)は12月に日本に進出する。現地に法人や拠点を持たなくても海外の人材を活用できるのが特徴。企業が毎月500ドルを支払えば、ディールが雇用主となって現地の人材を確保する。新型コロナウイルスなどの影響で往来規制が厳しくなっても、海外での事業展開がしやすくなる。

ディールは2019年に米国で創業した。各国の法律や社会保障に応じた労務管理サービ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り682文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン