/

この記事は会員限定です

為替介入の目的と仕組み 通貨当局が売買、急変に歯止め

[有料会員限定]
為替相場の変動が激しくなっています。2022年3月以降、急速に円安・ドル高が進み、一時24年ぶりとなる1ドル=139円台をつけました。足元では逆に円高・ドル安が進む場面もあります。為替相場が大きく動くと為替介入の可能性が取り沙汰されます。どのような仕組みなのでしょう。

Q 為替介入とはどういうものですか。

A 為替相場は市場の取引によって決まります。相場に影響を与える目的で、通貨当局が市場で通貨を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1268文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン