/

海外REITの1年リターン 円安で軒並み20%超え

投信番付

物価上昇に強いといわれる不動産を投資対象とする不動産投資信託(REIT)。海外REITは為替差益も期待できるため、国内REITより人気が高い。過去1年の海外REITの運用成績を調べた。

10位の投信でも20%を超える上昇率。REITの価格上昇に加え円安による為替差益がプラスされたのが背景にある。米国のREITだけを投資対象としている投信が過半を占める。グローバルタイプは10位の「次世代REITオープン<毎月決算型>(為替ヘッジなし)予想分配金提示型」のみ。

トップの「楽天USリート・トリプルエンジン(レアル)毎月分配型」は上昇率が突出。米国REITを実質投資対象にするとともに「インカムプラス戦略」「ブラジル・レアル戦略」がプラスに働いたのだろう。

米国の急速な利上げは円安を加速させているが、資金流出につながる可能性が高い。さらなる米国金利上昇は成績悪化も招くのではないか。

(ファイナンシャルリサーチ代表 深野康彦)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン