/

この記事は会員限定です

日経平均1カ月半ぶり安値 新変異型、市場揺らす

[有料会員限定]

新型コロナの変異ウイルス「オミクロン型」への警戒感が市場を揺らしている。29日の東京株式市場で日経平均株価は前週末比467円(1.6%)安の2万8283円と、約1カ月半ぶりの安値を付けた。供給制限がさらに悪化するとの懸念から海運株が逆行高になるなど、投資家の不安は大きい。中央銀行の金融緩和による相場下支えも期待できず、当面は不安定な相場が続きそうだ。

業種別日経平均の騰落率を見ると、鉄道バスが5...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り466文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン