/

明治安田生命、営業職員の月給を固定給に 来年4月

明治安田生命保険は1日、全国で働く営業職員の給与体系を来年4月に大きく見直すと明らかにした。契約の獲得度合いに応じて月給が変わる制度を改め、前年の成績などをもとにした固定給へ切り替える。目先の契約にとらわれず、より長期の目線で活動しやすくするのがねらいだ。

都内で1日に開いた報告会で永島英器社長が説明した。同社の営業職員は今年10月1日時点で3万7千人弱にのぼる。営業職員の月給は契約などの状況に左右される比例報酬が全体の約3割を占める。これを来年4月から全額を固定給とする。

契約者に特定健診の受診を呼びかけるなど、地域活動への貢献度も評価項目に加えるという。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン