/

音声で学ぶ自然災害へのお金の備え 火災保険加入が鍵

REINAの「マネーのとびら」第35回 自然災害へのお金の備え

ポッドキャスト「マネーのとびら」、今回のテーマは「自然災害へのお金の備え」です。東日本大震災から11年経ちましたが、最近でも3月16日の深夜に宮城と福島で最大震度6強の地震があり、今後も首都直下地震や南海トラフ地震などのリスクが指摘されています。近年は台風や豪雨による風水害で家を失うケースも増えています。これらの自然災害にお金の面でどう備えればいいかを、米国出身タレントのREINAさんと一緒に学んでいきます。解説は日経マネー編集長の佐藤珠希です。

備えの基本は、火災保険と地震保険に適切に加入することです。火災保険は火事に備えるものと思われがちですが、ガス漏れによる建物の爆発、落雷などの損害も補償対象で、最近はそれらに加えて台風などによる水災や風災も対象とする「総合型」が主流になっています。ただし、地震が原因で起きた火災や崖崩れ、地震による津波が原因の損害は火災保険では補償されません。火災保険に別途、地震保険をセットして加入する必要があります。しかし2020年度に契約された火災保険のうち、地震保険をセットしていた割合は68%でした。約3割が地震保険を付けていない現状があるのです。

また地震保険の保険金額はセットした火災保険の30〜50%までで、上限金額も決まっています。多くの場合、地震保険だけでゼロから家を建て直すのは困難ですので、不安な場合には保険会社が提供する「補償上乗せ特約」を付ける、単独で加入できる少額短期保険で上乗せを図る、といったことも選択肢になります。番組ではこうした損害保険の基礎知識や、保険料を抑えるための工夫などを解説しました。

後半の「American Money Life」のコーナーでは「ヘルスケアにかけるお金」を話し合いました。REINAさんはサプリメント大国の米国出身らしく、「ヘルスケアといえばサプリメント。私自身は20代から毎日5種類くらい飲んでいて、月に2000〜3000円かけています」と即答していましたが、薬嫌いの佐藤編集長は「私はビタミン剤も含め一切飲んでおらず、代わりにミカンを食べています(笑)」と正反対。REINAさんによると米国では子供の頃から習慣的にサプリメントを飲むようで、2019年の調査では8割以上の国民が何らかのサプリメントを利用していたそうです。医療費が非常に高い国なので、個人の予防医療として広まっている面があるということでした。

「REINAのマネーのとびら」は毎週木曜日(祝日の場合は水曜日)、日経電子版やAppleのPodcast、Spotify、Amazon Musicなどのプラットフォームで公開します。

■下のプレーヤーで聞く(会員登録や料金は必要ありません。再生ボタンを押すと音声が流れます)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

マネーのとびら

「マネーのまなび」のポッドキャスト番組。米国出身のタレントのREINAさんが日経電子版の記事から気になった身近なお金まわりのニュースを選び、日経の「マネーの達人」がわかりやすく解説します。続けて聞けば、いつの間にかマネーの知識が身に付きます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン