/

この記事は会員限定です

ハイテク株が急落 総裁選影響も 個人は押し目買い

[有料会員限定]

割高感が強まっていた半導体関連株が急落している。経済再開に伴い政策支援なども期待できる旅行株などに資金が流れている。米での量的緩和の縮小(テーパリング)を見込んで長期金利が上昇する中、ハイテク株の調整は長期的なトレンドになりそうとの見方もある。

29日は配当の権利落ち日でもあり、東証1部の8割以上の銘柄が下落した。配当利回りの大きい明和産業が8%下落。ハイテク株の急落も目立ち、アドバンテストが6...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り448文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン