/

この記事は会員限定です

REITが脱炭素けん引、物件の過半環境対応 達成度で選別

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

不動産投資信託(REIT)が日本の不動産の脱炭素をけん引する構図が鮮明だ。上場REITの保有物件で、延べ床面積などから算出した環境認証の取得割合は2021年6月末に半数を超えた。省電力化に向けた改修も相次ぎ、環境意識の高い海外投資家の資金つなぎ留めをはかる。資金調達でもESG(環境・社会・企業統治)対応を進め、新たな投資家層の開拓を狙う。

東急リアル・エステート投資法人は8月、オフィスビルや商業施設など保有物件の約7割で電力供...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1589文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン