/

この記事は会員限定です

生保、外債運用ヘッジコスト8倍 実質利回りマイナスも

米債ショック 国内金融への波紋㊦

[有料会員限定]

「市場の動きが速すぎる」。米長期金利の急上昇など相場の変動を受け、日本生命保険が対応策の協議を始めた。運用計画の前提となる市場見通しは、ドル円の為替レートで112~134円。6月29日には一時1ドル=137円を超える水準まで円安が進み、第一生命保険もレンジ幅の見直しを検討している。

両社に限らず、行き過ぎた円安は年度末にかけて修正されていくとの見方が根強かった。想定を上回る円安が続いていることを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り932文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン