/

日銀、ETFを701億円買い入れ 株安受け3カ月ぶり

日銀は29日、上場投資信託(ETF)を701億円買い入れた。買い入れは6月21日以来およそ3カ月ぶりで、購入額は前回と同額だった。同日午前には東証株価指数(TOPIX)が前日から2.40%下落しており、市場が不安定になっているとみて買い入れに動いたとみられる。

日銀は3月の政策点検でETFの買い入れについて「市場が大きく不安定化した場合に、大規模な買い入れを行うことが効果的」とし、株価が安定している場面では買い入れを控えてきた。市場では午前中のTOPIXの下落率が2%を超えた場合に日銀が買い入れに動くとみられている。

みずほ証券の上野泰也氏は「買い入れを控えれば不安心理をさらに悪化させてしまうため、市場の動向を見て買い入れたのだろう」と分析する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン