/

この記事は会員限定です

「日銀の守り」避け、国債売り拡大 緩和修正観測根強く

[有料会員限定]

日本国債の売りの対象が広がっている。日銀が決まった利回りで国債を買い入れる「指し値オペ」の対象とならない超長期債の利回りはおよそ6年半ぶりの水準まで上昇(価格は下落)した。インフレに対応し日銀が政策を修正すると見込んだ内外の投資家が日銀の指し値オペが及びにくい年限の国債などを売る動きが目立っている。

償還までの期間が10年を超える超長期債の利回りは6月に入り、1~2月以来、再び上昇基調にある。3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2132文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン