/

この記事は会員限定です

恒大が資産切り売り 地銀株売却、1700億円で

サッカー場も検討か

[有料会員限定]

【上海=土居倫之、香港=木原雄士】中国の不動産大手、中国恒大集団が資産を切り売りしている。29日、傘下の地方銀行、盛京銀行の株式19.93%を約99億元(約1700億円)で売却すると発表した。世界最大規模の広州FCサッカースタジアム(建設中)などの売却交渉を進めているとの報道もある。29日には欧米市場で発行した米ドル債が再び利払い日を迎え、資金繰り確保が急務となっている。

恒大は29日に米ドル債の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り855文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン