/

この記事は会員限定です

どうなるESG投資 ウクライナ危機でエネルギー問題露呈

Foresight 英アバディーン・ローソン氏 米シティ・シーリグ氏

[有料会員限定]

ウクライナ危機はロシアに依存してきた欧州のエネルギー問題を露呈し、企業活動の脱炭素などを支援するESG投資に影響を与えている。今後、ESGの在り方はどうなるのか。英アバディーン・チーフエコノミストのジェレミー・ローソン氏と米シティグループ市場部門ESGグローバル責任者のエルリー・ワイネット・シーリグ氏に聞いた。ローソン氏は「中期的にエネルギー転換が進む」、シーリグ氏は「市場拡大には明確な数値基準...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1702文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン