/

iDeCo? NISA? 「マッチング拠出」もお忘れなく

知っ得・お金のトリセツ(47)

個人型確定拠出年金(イデコ)のパンフレット

世は幾度目かのマネーブーム。この仕事をしていると「よく聞かれる質問あるある」のNo.1は「どの株、上がります?」。最近それに迫るのが「iDeCo(イデコ)とNISA(ニーサ)、どっちがいい?」。イデコは個人型の確定拠出年金でNISAは少額投資非課税制度。どちらも収益に対して税制優遇のあるお得な投資の器だ。だが、特に会社員に当てはまる話だが多くの場合、その前に一番先に検討すべき選択肢を忘れていることが多い。

まずは会社の制度を最大活用

まず大事なのが会社の制度をフル活用する視点だ。日本企業の福利厚生は多くの点で縮小傾向とはいえ、企業年金に関しては手厚い制度を持つ会社は依然多い。1階部分の国民年金(基礎年金)、2階部分の厚生年金という公的年金のさらに上に位置する3階部分のはなしだ。

大きく分けてDBとDCがある。DBはDefined Benefitの略で確定給付企業年金のこと。社員が受け取る給付額を会社があらかじめ約束して運用するので、運用成績が悪ければ会社が穴埋めをする。一方、DCはDefined Contribution、拠出額の方は決まっているが成果については運用次第のタイプだ。運用は誰がするか? 自分だ。会社がそろえた商品の中から社員が選び自ら運用する。原資は誰のお金か? ここが意外に誤解されがちだが、お金は会社のお金。企業年金には給与の後払いという側面はあるにせよ、DCに対する毎月の掛け金を出しているのは会社だ。

個人も参加できる「マッチング拠出」

ただ、DCの中には、会社の拠出金に加えて一定の範囲で自分の「手金」を上乗せできる制度もある。それが「マッチング拠出」だ。企業年金連合会の調査ではDCを採用する企業の半数強がマッチング拠出の仕組みを持つ。

このマッチング拠出、マネー的観点からいえば「お得の宝庫」だ。まずDCなのでイデコ同様、運用期間中は運用益が非課税なことに加え、原則60歳以降の受け取り時にも非課税枠がある。さらには毎月、自分が上乗せして拠出する額については所得から控除、すなわち「なかったもの」とみなされ、その分所得税・住民税が圧縮できる。

扶養状況など条件によって変わるが、ろうきんのシミュレーターによると年収500万円の30歳独身者が毎月2万7500円を上乗せ拠出した時の節税効果は年6万6600円。35年間積み重なると約230万円にもなる。仮に運用でリターンを得られなくても十分穴埋めできる節税効果だ。とはいえ、皆が毎月2万7500円も出せるわけでなく上限はある。マッチング拠出額は①会社掛け金と同額まで ②会社拠出との合計掛け金が上限内――の2条件を満たす必要がある。

「イデコより有利」との声も

マッチング拠出は会社の制度の一環なので、面倒な手続きなく会社が毎月の拠出額を給与天引きにしてくれる。イデコも給与天引きは仕組み上、可能だがあくまで会社次第。中には手間を嫌がり、イデコ開始時に必要な会社手続きさえ頼みにくい雰囲気の会社もあるといい「イデコハラスメント」という言葉も生まれたほど。それに比べるとマッチング拠出は手続きがスムーズ。さらにイデコなら自分で負担する手数料(年数千円程度)も通常、会社が払ってくれる。にもかかわらず……。

実際の利用率はたったの3割程度。3人に1人も利用していないという。企業年金全体のわかりにくさゆえに、自分の資産運用と年金や退職金といった会社の退職給付制度を切り離して考えがちな落とし穴がありそうだ。だがお金に色などない。

2022年度以降、法改正が行われイデコに入れる対象者は増える一方、マッチング拠出との併用はできない。どちらかを選ぶことになるが、取り急ぎ今時点で自分が大きなお得を取りこぼしていないか、確認するのが先決だ。

山本由里(やまもと・ゆり)
1993年日本経済新聞社入社。証券部、テレビ東京、日経ヴェリタスなど「お金周り」の担当が長い。2020年1月からマネー編集センターのマネー・エディター。「1円単位の節約から1兆円単位のマーケットまで」をキャッチフレーズに幅広くカバーする。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

食べたものが体をつくり、使ったお金が人生をつくる――。人生100年時代にますます重要になる真剣なお金との対話。お金のことを考え続けてきたマネー・エディターが気づきの手掛かりをお届けします。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン