/

この記事は会員限定です

ドイツ、長短金利が14年ぶり逆転 「利上げ不況」を警戒

(更新) [有料会員限定]

ドイツの債券市場で2年物国債の利回りが10年債を上回る「逆イールド」が14年ぶりに発生した。欧州中央銀行(ECB)が大幅な利上げを続けるとの見方から、欧州経済の先行きに不透明感が強まっているからだ。欧州のインフレ率は10%台と米国を上回る。利上げが景気を冷え込ませる「オーバーキル」への警戒が一段と高まっている。

ドイツの長期債は11月以降に買いが集中。10年債利回りは11月下旬に1.8%程度とお...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1382文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません