/

この記事は会員限定です

日本の金融はよみがえるか 「創造的破壊」を失った30年

金融PLUS 金融部長 河浪武史

[有料会員限定]

2022年は日本の金融システムの再生を問う一年となる。大手金融機関は安定収益を確保しつつも、PBR(株価純資産倍率)は0.5程度と構造的な停滞から脱しない。マクロ経済でみても2000兆円もの家計資産は成長投資に回らず、マネーの循環に衰えが目立つ。必要なのは金融システム全体に革新をもたらすDX(デジタルトランスフォーメーション)だ。

家計資産は30年間で2倍に

「0.5倍というPBRは問題だと思...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1819文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

金融PLUS

日本・海外の金融政策の「先読み」や金融ビジネスの裏話を、経験豊富なエディター陣が解説します。普段の金融報道に「プラス」を与えるコラムです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン