/

日銀「連続指し値オペ」 29日は5200億円超落札

(更新)

日銀は29日午後、同日2回目となる「指し値オペ(公開市場操作)」を通知した。新発10年物国債を0.25%の利回りで無制限に買い入れることで、それ以上の金利上昇を抑制する狙い。前日28日、29~31日に連続で指し値オペを実施すると発表し、29日午前にも同条件で実施していた。金融機関からの応札は午前に2426億円、午後は2860億円あり、日銀は合計5200億円超の国債をすべて落札した。

29日の国内債券市場では長期金利の指標となる新発10年物国債は0.245~0.250%で推移し、日銀が示す長期金利の変動幅の上限である「0.25%程度」に一時達した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン