/

日経平均、一時500円超安 オミクロン型警戒で

(更新)

29日午後の東京株式市場で日経平均株価は再び下げ幅を広げている。下げ幅は一時500円を超え、2万8200円台で推移する。新型コロナウイルスの新変異型「オミクロン型」への警戒感がなお根強い。

岸田文雄首相は29日午後、オミクロン型に対応するため、30日午前0時から新規の外国人の入国を停止すると発表した。国内経済活動の正常化が遠のくとの懸念から、再び売り圧力が強まっている。

政府の水際対策の強化でANAホールディングス、日本航空など空運株が安い。外国人の入国停止について、「『変異ウイルスへの対応が早い』という点では、長い目でみれば株式相場にプラスとなるかもしれないが、目先は経済活動の鈍化が意識されやすい」(大手証券の情報担当者)との声があった。

京成や東急など鉄道株も下げ幅を広げている。シチズン、マツダなどの下げがきつい。一方、海運3社が引き続き高い。アドバンテスト東京エレクトロンなど半導体関連も上昇を維持している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン