/

この記事は会員限定です

低格付け融資、再び膨張 緩和マネー流入 将来の火種に

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

金融緩和や財政出動によるカネ余りを背景に、投資マネーが急速に信用リスクの高い企業向けの融資に向かっている。米欧の低格付け企業向け融資「レバレッジドローン」の融資実行額は3月に1230億ドル(約13兆円)と単月の過去最高となった。借り手企業の信用力は低下しており、債務問題が将来の市場の火種になるリスクをはらむ。

レバレッジドローンは格付けがダブルB以下の投機的等級の企業への融資だ。投資銀行などが主に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1296文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン