/

この記事は会員限定です

地銀が抱えた「グローバルリスク」

金融PLUS 金融エディター 玉木淳

[有料会員限定]

山口フィナンシャルグループが2月28日に発表した赤字転落となる業績下方修正は地銀界にこれから襲う不穏な空気を予感させる。傘下の山口銀行ともみじ銀行が2021年4~12月期に計上していた有価証券の含み損を一括処理したからだ。4行に1行は同じように含み損を抱えているが、6年前、米トランプ氏が大統領に就く前後に米国金利が急上昇した「トランプラリー」の時とは少し様相が異なる。

山口FGの赤字転落

「昨...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2434文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

金融PLUS

日本・海外の金融政策の「先読み」や金融ビジネスの裏話を、経験豊富なエディター陣が解説します。普段の金融報道に「プラス」を与えるコラムです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン